見栄からキャッシング、そして困り債務整理

異性とのデートのため、見栄を張ってキャッシングをしていました。

お金が無ければ異性とは交際をする資格が無いといった考えのため、

デート代は全ておごり、なるべくお金を使った遊びを共有していましたが、

自分の給料は少なく限りがあるためにキャッシングに頼っていたのです。

恋人は私の事を裕福だと思い込み、おごってもらうのが当たり前といった雰囲気になり、

私の負担はどんどん重なって行くばかり、債務も当然重なって行きました。

交通費、飲食代、プレゼント代、自分を飾るための服飾費とインテリア用品と車維持費、

その他遊興費が莫大にかかってしまい債務は100万円、200万円、と大きくなっていきました。

恋人と結婚をする話が出てきた頃、キャッシング債務について隠したまま結婚は出来ない、

と思い債務をどうにかして清算しなければと方法を探すようになりました。

友達にお金を借りる、親にもお金を借りる、自分の生活は節約をする、

といった対処をとっても得られるのは少額、

困っていた時に新聞の広告やチラシの債務整理、との文字が目に付くようになりました。

債務整理を行なえば債務が無くなる、しかも債務整理の過程において過払い金が発覚し、

例によっては一千万円が返って来る事もといった情報を得ました。

債務があるまま恋人と結婚は出来ない、とチラシに掲載されていた弁護士事務所に相談をしましたが、すぐに債務整理が実行できると聞かされ、依頼をしました。

結果、債務は無くなり恋人とも結婚ができ、幸せを得られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>