弁護士に依頼をし無知識でも債務整理を

オンラインゲームからキャッシングをしました。

私の年齢は24歳、債務を作ったのは20歳からでした。

若年層のキャッシング理由として、オンラインゲームへの課金との理由は、最近増えてきているらしいのですが、

オンラインゲームにはまっている私には理解できてしまい理由です。

オンラインゲームをプレイしない人からすると、たかがゲームのためにキャッシングなんて、

と思ってしまいますが世界にのめりこんでしまうとどんどんとお金を費やしてしまう魔力があるのです。

当初、親から与えられた学費をオンラインゲームに使い込んでしまい、

補充のためにキャッシング機関で借り入れをしたのですが、

返済のために他社からも借り入れる、と典型的な多重債務者となってしまいました。

返済をしながらもまた借り入れオンラインゲームにつぎ込む生活、

アルバイトを掛け持ちし、毎日の食事は白米と味噌汁、

着る物はズタズタのジーンズと穴が開いたシャツといった始末、

電気は頻繁に止められ水道さえも止められる事も。

債務のために日常生活に支障をきたすようになり、債務がなくなるのなら、と債務整理を決めました。

債務整理は知り合いの弁護士に頼みましたが、

素人である自分でも弁護士に頼む事で難なく債務整理が完了できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>