自己破産は人生の終わりなのか?

自己破産に対して「今後のキャッシングができなくなる、財産がなくなる」などそれこそ人生が終わるかのようなイメージを持たれていらっしゃる方も多いようなのですが、決してそんなことはありません。

 

確かにキャッシング契約などの金融関連契約は自己破産確定後数年間は締結不可とされていますがあくまでもこれは貸金業法に則った審査を行ったその貸金業者の裁量で決まりますので、金額や業者によっては覆される結果になることもあるのです。

それに財産に関しては確かに土地や車を所有している場合はこれらも没収対象になりますが、逆にこれらの財産を持っていない場合に関しては回収対象が無いので借金を帳消しにすることだけができるのです。

 

自己破産を行ったからといっても特に会社をリストラされるわけでもありませんし、逆に上記のように返済が対応出来なくなってきているが売る財産なども無いという方に取っては救いの大きな一手でもあるのです。確かに自己破産なしに返済ができれば返済履歴だけが残り信用情報に傷がつくこともありませんが、返済ができないとなったときには 正直に財産を手放す気持ちで自己破産に望んでみるのもまたひとつ大切な決断なのでは無いでしょうか。

高額求人サイトならナースサーチで

債務整理で気付くキャッシングのなんたるか

債務整理とは、自分が作った借金の一部、もしくは全額がチャラになるシステムですが、

もし債務のせいでお金に困り、債務整理後は生活を改めると心掛ければ利用をしても悪くはないシステムだと思っています。

実は、私も債務整理経験者であり、債務整理をして良かったと思っています。

債務はキャッシング業者から借り入れたものであり、金額は700万円にものぼっていました。

債務整理を行なうまでにはかなりの躊躇がありましたが、こんなに簡単にできるならば早く行なえば良かったと思っています。

私は真面目に働いており、贅沢もせずに暮らしていたのですが、

友人を助けるつもりでキャッシング業者からお金を借り援助をしたところ、

そこからどんどんキャッシングにはまりお金が尽きてしまいました。

人のためにキャッシングをするなんて、なんて世間知らずで愚かだったのだろうと反省ばかりをしています。

元々贅沢が嫌い、働き者、といった面から債務整理を行なっても、再び多重債務状態にはならないだろうといった面もあり、債務整理が認められました。

キャッシングをするならば自分のためにするべき、と学びました。

自分が楽しむためにキャッシングをし、債務整理まで行き着いたのならば納得ができますが、他人のために債務を被るなんて、あまり賢いとは言えません。

債務整理で自分の愚かさに気付けたな、と思っています。

弁護士に依頼をし無知識でも債務整理を

オンラインゲームからキャッシングをしました。

私の年齢は24歳、債務を作ったのは20歳からでした。

若年層のキャッシング理由として、オンラインゲームへの課金との理由は、最近増えてきているらしいのですが、

オンラインゲームにはまっている私には理解できてしまい理由です。

オンラインゲームをプレイしない人からすると、たかがゲームのためにキャッシングなんて、

と思ってしまいますが世界にのめりこんでしまうとどんどんとお金を費やしてしまう魔力があるのです。

当初、親から与えられた学費をオンラインゲームに使い込んでしまい、

補充のためにキャッシング機関で借り入れをしたのですが、

返済のために他社からも借り入れる、と典型的な多重債務者となってしまいました。

返済をしながらもまた借り入れオンラインゲームにつぎ込む生活、

アルバイトを掛け持ちし、毎日の食事は白米と味噌汁、

着る物はズタズタのジーンズと穴が開いたシャツといった始末、

電気は頻繁に止められ水道さえも止められる事も。

債務のために日常生活に支障をきたすようになり、債務がなくなるのなら、と債務整理を決めました。

債務整理は知り合いの弁護士に頼みましたが、

素人である自分でも弁護士に頼む事で難なく債務整理が完了できました。

見栄からキャッシング、そして困り債務整理

異性とのデートのため、見栄を張ってキャッシングをしていました。

お金が無ければ異性とは交際をする資格が無いといった考えのため、

デート代は全ておごり、なるべくお金を使った遊びを共有していましたが、

自分の給料は少なく限りがあるためにキャッシングに頼っていたのです。

恋人は私の事を裕福だと思い込み、おごってもらうのが当たり前といった雰囲気になり、

私の負担はどんどん重なって行くばかり、債務も当然重なって行きました。

交通費、飲食代、プレゼント代、自分を飾るための服飾費とインテリア用品と車維持費、

その他遊興費が莫大にかかってしまい債務は100万円、200万円、と大きくなっていきました。

恋人と結婚をする話が出てきた頃、キャッシング債務について隠したまま結婚は出来ない、

と思い債務をどうにかして清算しなければと方法を探すようになりました。

友達にお金を借りる、親にもお金を借りる、自分の生活は節約をする、

といった対処をとっても得られるのは少額、

困っていた時に新聞の広告やチラシの債務整理、との文字が目に付くようになりました。

債務整理を行なえば債務が無くなる、しかも債務整理の過程において過払い金が発覚し、

例によっては一千万円が返って来る事もといった情報を得ました。

債務があるまま恋人と結婚は出来ない、とチラシに掲載されていた弁護士事務所に相談をしましたが、すぐに債務整理が実行できると聞かされ、依頼をしました。

結果、債務は無くなり恋人とも結婚ができ、幸せを得られました。

意外にも簡単な債務整理

大人の女性の遊びとしてホスト遊びを嗜み、遊びのはずが本気になってしまいお金を費やすようになり、

ホストに勧められるがままにキャッシングでホストクラブ資金を借りるようにもなりました。

ホストにはまっている間は、仕事の辛さや人生や現実から逃避する事ができ、

とても楽しかったのですが夢から覚めてみれば借金まみれでした。

ご存知の通り、ホストクラブはお金が掛かる遊び、お酒を飲むだけでも多額のお金が掛かり、

ホストにプレゼントをし、自分を飾るためにお金を使い、ととにかくお金が必要であるためにキャッシングに頼らざるを得ませんでした。

楽しかった夢の後、債務返済のため生活逼迫してしまいましたが、

元々債務整理を検討していたためにあまり焦りは有りませんでした。

ホストクラブ遊びのツケを債務整理でチャラにする、とはあまりにも無責任かもしれませんが今後は正しい生活をする、

と心を入れ替え副業も始め、借金は繰り返さないとの意思を示しました。

キャッシングをしてまで楽しめる遊びがあった、債務整理で債務の重荷を軽く出来た、

苦い思い出のはずですが債務が無くなったためもあり、すがすがしい思いもあります。

債務整理は意外にも簡単であり、生活に支障もありませんでした。